" />

TRAVEL アジア旅行 台湾

《板橋》2017年開業!台北ホテルは、好アクセス&ジム・プール完備のCaesar Park Hotel Banqiao (板橋凱撒大飯店) がおすすめ!

2019年7月24日

 

こんにちは、Momoko (@momokomonica) です。

先日母が台北に遊びにきた際に、Caesar Park Hotel Banqiao (板橋凱撒大飯店) に泊まりました。

Caesar Park Hotel Banqiao 2017年8月に開業した新しいホテルで、板橋駅からわずか徒歩3分!

好アクセスながら静かな立地なので、ゆっくりと旅の疲れを癒したい方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 新しいホテルが良い!
  • ジム・プールに使用したい
  • MRTを使用して色々な観光地へ行きたい
  • 台南・高雄にも行きたい




目次

  • はじめに
  • ▷ Caesar Park Hotel Banqiao の特徴
    1. フロント
    2. エレベーター
    3. 室内の様子
      • ルーム
      • ドリンク
      • バスルーム
      • バスアメニティ
      • クローゼット
    4. ファシリティ
      • フィットネスジム
      • プール
  • まとめ
  • ▷ Caesar Park Hotel Banqiao の詳細

 

はじめに

多数ある台北市内のホテルから Caesar Park Hotel Banqiao を選んだ理由は2つ

それはジム付きであることトイレットペーパーが流せること

筋トレ好きな私にとって、設備が整っているジムがあるホテルという点は譲れません。

Caesar Park Hotel Banqiao のジムはとても綺麗で、マシーンやウェイト等の設備も整っています。

また、トイレットペーパーが流せることもとっても大事!笑

台湾では、未だにトイレットペーパーをゴミ箱に捨てなければいけないホテルがあります。

有名ホテルやおしゃれ最新ホテルでも、流せないというレビューが多々あります、、

2017年に開業されたCaesar Park Hotel Banqiao のトイレは問題ありません〜!

 

ホテルの特徴

全室洗面台が2つあり、バスタブもあるので嬉しいところ。

他にもこんな魅力的なポイントがたくさん!

ポイント

  • 板橋駅徒歩3分!MRT(ブルーライン)、台鉄、バスが利用可能!
  • 全室36平米以上!
  • 全室窓付、バスタブ完備!洗面台は2つずつ。
  • ホテル内は禁煙・バリアフリー
  • フィットネスジム・プール完備
  • 館内全域での無料Wi-Fi
  • 敷地内に無料専用駐車場

 

アクセス

最寄駅の板橋駅2番出口まで徒歩3分

駅から直結のアーケードが繋がっているため、雨天時でもほとんど濡れずに移動できます。

MRT ブルーライン (板南線) を利用すると、台北等の観光地も約10分です。

MRT グリーンラインの端にある松山 (ラオへーナイトマーケットがあるところ) までもタクシーで1000円以内です。

また、桃園空港、高雄、台南へも台湾高鐵 (Taiwan High Speed Rail) を使えば1本で行けます!

 

ホテルの中の様子

フロント

広々とした天井が特徴のエントランス!

チェックイン時はデポジット(預かり金)で6000元を支払います。(カード・キャッシュOK)

フロントデスクは24時間対応していて、荷物預かりも承っています。

雨季シーズンはよく雨が降りますが、このホテルでは傘の貸し出しサービスもあります。

エレベーター

部屋のカードキーをタッチするとボタンが押せるようになっているのでセキュリティも万全。

 

室内

Caeser Hotel Banqiao は、8種類のルーム に分かれています。

今回私たちが泊まったのは、「Elite」です。

ルーム

室内はこんな感じ。

25階でしたが、夜景が綺麗に見えました。

ドリンク

部屋に置いてある、お茶、コーヒー、常温のお水は無料です。

バスルーム

バスルームには、2面の洗面台・シャワー・バスタブ・トイレ・クローゼットがあります。

(肝心の) 温水ウォシュレットつきトイレでした。もちろんトイレットペーパーも流せます!

 

バスアメニティ

バスアメニティはオーガニックです。

右側の袋に入っているのは、シャープ製のイオンドライヤー。

 

クローゼット

少し狭めのクローゼット。

バスローブとスリッパが置いてあります。

スリッパがふわふわではき心地◎!

 

ファシリティ

ジムやプールが併設されているので、気軽に運動できます。

台北は美味しいものがたくさんあってついつい食べがちですが、ジムで絞りましょう。笑

フィットネスジム

1番楽しみにしていたジム!

想像以上のマシーンの豊富さに感動しました。

ジム内には、ウォーターサーバー、トイレ、シャワールームがあります。

1人以上のスタッフが常時います。

プールの両端にジムは1つずつあります(計2ヶ所)

2ヶ所とも、置いているマシーンやウェイトが異なるのでさまざまなトレーニングができます!

フィットネスジム利用時間 → 6:00 ~ 22:00

プール

プールを楽しみにしていましたが、時間がなく利用できなかった、、笑

ここでは浮き輪やタオルがレンタル可能です。

プールの入り口前には、水着やタオルを販売しているコーナーもありました。

プール利用時間 → 7:00 ~ 21:00

まとめ

台北・板橋区にある、 Caeser Park Hotel Banqiao のご紹介でした。

観光地へもMRTやタクシーで好アクセス&館内がとてもキレイ!

周りに美味しい朝ごはんのお店がたくさんあるので、旅行者向きのエリアだと思います。

Trip Adviser (2019年07月23日時点 - ¥12,833~)

私が大好きな開飯の板橋店 (Google Map で見る) も歩いて3分の距離にあるのでぜひ足をお運びください! (過去記事「《台北》また行きたくなる!「開飯川食堂」の辛くて美味しい四川料理」)

当記事が参考になれば幸いです。

 

 
  • この記事を書いた人

Momoko Monica

\ 自然派志向のライフスタイルブロガー / 上智大学FLA卒業。愛用中のナチュコスやサステナブルな生活について書いています。毎週月曜日YouTube載せています。

-TRAVEL, アジア旅行, 台湾
-

Copyright© MOMOKO MONICA , 2021 All Rights Reserved.